TAKE IT BACK

- NIKE 2050 SPEC AD

雨の雫に光る木の葉の夢を見る

2050 年4月15日

大気汚染度:危険


6:50

目覚める。

水道水を沸騰させ、一晩置いて除菌したもので顔を洗う。

新聞を読む。

今日の全世界の未知のウイルス感染者は95,671,902 人。


7:20

母は今朝もVRで美しい自然を夢見ている。

ドローンで家に届く配給食を食べる。美味しくはないが、これを食べてさえいれば死ぬことはない。

24時間は空腹も感じない。

大気汚染が進んで、人間が家から出ずに生活するようになって久しい。
 

8:00

ランニングに出かける。

肌がピリピリしている。

極度の乾燥と、化学物質の浮遊。

外には人っ子一人いない。

もちろん、運動のために外に出ているのは私だけ。

雨は酸性、土にも有害物質、大気には無数のウイルスが飛んでいるのだから、それが当然だ。
それでも私は走る。

自分の足で走ることに意味があると思うから。

ナイキのマスクなら、ランニングしても即座に肺が腐敗することもない。
 

8:30

耳鳴りがしてくる。

爪からも血が出ている。

スマートウォッチは、今すぐ帰るように促している。

それでもこの時間、一瞬だけ、この丘から、定期運行ドローンが雲を割って、青空を見ることができる。

一瞬の、一筋の青空を見るためだけに、私はおそらく寿命を縮めている。
今から30年も遡れば、人は曇りの日は自然の雲を、晴れの日は降り注ぐ太陽と青空を、享受していたらしい。

今年25歳になるわたしには、それはまるで夢のような話に聞こえる。日本では水道水も飲むことができたと母は言うけれど、それはおそらく嘘だろう。

もしそんな時代に1日でも暮らすことができるなら、私はどんな努力でもするだろう。
 

考えても仕方ないけれど、そんなことを思わずにはいられない。

私は帰宅し、その日の仕事を終え、泥のように眠る。

 

雨の雫に光る木の葉の夢を見る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年時点で、年間650万人が大気汚染のために死亡。

*IEAによる

 

2018年時点で、世界人口の約9割が汚染された大気の中で暮らす。

*WHOによる

nike_still_finalのコピー.jpg

Director & Photographer HIDEYUKI HAYASHI

Director of photography MATTHEW GEORGE SPERZEL

Starring SHIRAYUKI

Stylist SHINGO FUKUYAMA

Hair Stylist HIROKI KITADA

Make Up Artist & Mask Design TOMO IMAI

Cast (Mother) TOSHIE AWATA

Voice Over TARNYA WRIGHT

Special Thanks EMI KUSHIDA

Text HARUKA ODU